原名「台灣學術線上」
包含TAO期刊庫 + TAO書籍庫 + 論文 + 史料文獻
首頁 | 關於TAO | 瀏覽 | 進階查詢 | 參考工具 | 會員服務 | 已購專書 | RSS服務 | 電子報 | FAQ  
查詢範圍:
   
查詢模式:
熱門查詢詞:
dvd農業經營管理年刊教育實踐與研究臺灣都市與區域發展之
   
   
   
     
   
 
項次 書目
1
題名:LARPコーパスに見る台湾人日本語学習者の産出語彙の変化--多様性指標Dに基づく分析     (48點)
從LARP語料庫看臺灣人日語學習者使用語彙之變化--依據多樣性D指標之分析
出版地區:台灣
出版城市:桃園縣
學科:語言 ; 教育
關鍵字:LARP語料庫 ; 口語語詞 ; 語彙多樣性 ; 指標D ; 短單位 ; LARPコーパス ; 話し言葉 ; 語彙多様性 ; 指標D ; 短単位 ; LARP corpus ; speech ; lexical diversity ; D-index ; the short unit
刊名:銘傳日本語教育
卷期:13期(2010.10)
頁碼:206-229
語言:日語
摘要: 中文摘要PDF ; 英文摘要PDF ; 日語摘要PDF

在外語的學習過程中,相信許多學習者都有「使用語彙」不足之 經驗。有鑑於此,本研究著眼於語彙使用發展中之「多樣性」觀點, 針對會話中學習者能夠使用多少富含變化的語彙作了縱斷煌的調查。 本調查是抽取台灣東吳大學LARP 語料庫中一名學習者之訪談資 料分節成「短單位J '並依據r D 指標J 處理其「使用語彙」之多樣性 數量化。觀察分析該生三年半之指標值的變化,得出多樣化的過程可 分為以下三階段r 緩慢上昇期:指標值緩慢上昇的階段J ' r 高低震盪 期:依狀況能使用多樣語詞階段」、「多樣語彙運用期:更穩定使用多樣 語詞階段」。而「更穩定使用階段」是學習日語之後第三年得以達成, 由此再次確認在JFL 環境下之口語語詞穩定運用能力需花費很長的時 間才足以獲得e
Many learners of foreign langua εe might feel lack of productive vocabulary in the process of their developmen t. This case study aims to present and discuss a development of lexical use by a JFL learner, focusing on 'lexical diversity' , which can be described as the range and variety of vocabulary used in a discourse. 1 surveyed the LARP corpus conversation data of an undergraduate student recorded for a period of three years and a half (33 waves) by the Soochow University in Taiwan. Every single spontaneous utterance of the learner was divided ínto the short unit , and then the each wave's lexical diversity was quantified with the D-index . Observing the trajectory of the index values , 1 found that the development of the lexical díversity of the learner shows three stages; gradual ascent , occasional diversification , almost stabilizing. Meanwhile , the trajectory shows that the learner arrived at the third stage after two years' learning. This can be seen as evidence that shows that developing profíciency of conversation needs long time for JFL learners.
外国語学習の過程では、多くの学習者が使用語葉の不足を感じる 時期を経験すると思われる。本研究では、この語葉使用の発達につ いて「使用語葉の多様性J、つまりどれほどバラエティに富んだ語葉 を談話に使用できるかに着目し、縦断的な調査を行なった。 調査では、台湾東呉大学のLARPコーパスから学部生1名の発話を 抽出し、それを「短単位」に分節化し、「指標DJ を用いて使用語葉 多様性を数量化した。3 年半の指標債の変遷を観察した結果、多様 化は、ゆるやかな上昇段階である「緩慢上昇期J、場合によっては多 様な語繋が使用できる段階の「乱高下期」、比較的安定して多様な語 葉が使用できる段階の「多様な語嚢運用期j という3期に分かれて 進行していたことが分かった。また、最後の段階には日本語学習開 始後3年目にようやく到達しており、JF t 環境での話し言葉発達に、 長い時間が必要であることが改めて示された。


    

本卷期目次
銘傳日本語教育 13期 (2010.10)
苫小牧駒澤大学における日本語教育事情
擬態する女性作家--真杉静枝「リオン・ハヨンの谿」「ことづけ」 を中心に
台湾における中等日本語教員養成に関する基礎研究--台日のカリキュラムの比較を中心に
「初級日語句型練習題庫」的建置--以線上測驗的應用為例/ 顏瑞珍
複合動詞「ー渋る」と「ー惜しむ」のV1+V2結合について
聴解に関する学習ストラテジ一項目の作成--聴解能力の優れた学生を調査対象に
LARPコーパスに見る台湾人日本語学習者の産出語彙の変化--多様性指標Dに基づく分析
依頼方略の日台対照分析--大学生の依頼の手紙を例に文レベルから文章レベルまで
四技応用日語系における観光日本語教育の実施現状について
機能構成の教材の薦め--日本語母語話者の教師による会話学習の授業において
 
   
 
   

與TAO合作 | 隱私與版權聲明 | 聯絡方式 | 下載Adobe Reader
地址:台北市中正區(100)北平東路30-12號3樓
電話:(02)2393-6968 傳真:(02)2393-6877
Email: service@wordpedia.com
Wordpedia Family: 學校、企業版入口 | 遠流影音館
Copyright©2011 Wordpedia Co., Ltd. All Rights Reserved.