原名「台灣學術線上」
包含TAO期刊庫 + TAO書籍庫 + 論文 + 史料文獻
首頁 | 關於TAO | 瀏覽 | 進階查詢 | 參考工具 | 會員服務 | 已購專書 | RSS服務 | 電子報 | FAQ  
查詢範圍:
   
查詢模式:
熱門查詢詞:
   
   
   
     
   
 
項次 書目
1
題名:海外日本語教育研修における成果と課題-銘傳大学研修を例として-     (32點)
海外日語教育研修之成果與課題-以銘傳大學為例-
出版地區:台灣
出版城市:桃園縣
學科:語言 ; 教育
關鍵字:「共同研究」的事前指導 ; 階段性指導 ; 發現(「第一發現」 ; 「第二發現」) ; 「共同作業的」事前指導 ; 段階的指導 ; 気付き(「第一の気付き」 ; 「第二の気付き」)
刊名:銘傳日本語教育
卷期:5期(2002.6)
頁碼:35-50
語言:日語
摘要: 中文摘要PDF ; 日語摘要PDF

銘傳大學所推行之「日語教育研修」具有相當高的水準,雖然學生們經歷了「實習」所帶來的挫折感,卻也逐漸體認自己的變化而成長。 然而在此研究報告中描述了學生們因無法將明海大學的「課掌講解」與當1傳大學的「實習」相融合,而陷入尷尬的局面,使作者覺得有必要重新檢討日本的「事前指導J 0 本文經觀察學生最近的動|旬,提出師生「共同研究」的事前指導方案,並}][]以具體的論述。
"銘俸大学で行われる「日本語教育研修」は非常に高レベルのものであり、「実習」を経験した学生はさまざまな挫折感を味わいながらも自らの変化に気付き成長しいていくo Lかし研修報告書には、明海大学の「講義」と銘俸大学の「実習」を連動させられずに最後まで悪戦苦闘する学生の様子が描かれ、日本での「事前指導」の見直しを検討する必要を感じるに至った。 本稿では鼻近の学生の動向を見据え、対策として教師と学生による「共同作業的」事前指導を提案し、その具体的方法を論じたo"


    

本卷期目次
銘傳日本語教育 5期 (2002.6)
衣服の言語文化史-応用日本語学との関わりを考えて-/ 前田富祺
五年制専科学校における日本語教育の現状と問題点
「日本文学概論」の授業に関する調査について
女性像の再構築-新川和江の「わたしを束ねないで」を中心に-
台湾の日本語教材事情についての一考察-多様化した日本語教育の観点から-
グローバル化時代における組織間学習
海外日本語教育研修における成果と課題-銘傳大学研修を例として-
言語教育と言語研究のインターフェイス-格助詞表現の誤用分析-
課外時間合作學習之應用與檢討/ 吳如惠
日中両言語の数量計算表現についての対照比較-「三人兄弟」と「三個兄弟姊妹」を中心に-
 
   
 
   

與TAO合作 | 隱私與版權聲明 | 聯絡方式 | 下載Adobe Reader
地址:台北市中正區(100)北平東路30-12號3樓
電話:(02)2393-6968 傳真:(02)2393-6877
Email: service@wordpedia.com
Wordpedia Family: 學校、企業版入口 | 遠流影音館
Copyright©2011 Wordpedia Co., Ltd. All Rights Reserved.