原名「台灣學術線上」
包含TAO期刊庫 + TAO書籍庫 + 論文 + 史料文獻
首頁 | 關於TAO | 瀏覽 | 進階查詢 | 參考工具 | 會員服務 | 已購專書 | RSS服務 | 電子報 | FAQ  
查詢範圍:
   
查詢模式:
熱門查詢詞:
dvdconginenta磁性醫院鄭金洪
   
   
   
     
   
 
項次 書目
1
題名:自動車産業における日・台・中ハイブリッド生産体制-「東南汽車」と「風神汽車」に関する事例研究-     (84點)
汽車?業之日?台?中混合生?体制-?東南汽車?與?風神汽車?之個案研究-
出版地區:台灣
出版城市:桃園縣
學科:語言 ; 教育
關鍵字:汽車?業 ; 日本型生?系統 ; 日?台?中混合生?體制 ; 自動車?業 ; 日本型生産システム ; ハイブリッド生産体制
刊名:銘傳日本語教育
卷期:8期(2005.10)
頁碼:163-204
語言:日語
摘要: 中文摘要PDF ; 日語摘要PDF

由於台灣國內汽車市場狹小,中華汽車與裕隆汽車為求進一步的發展,只有選擇前進中國。1 9 95年當政府開放汽車整車業者赴日投資時,中華汽車率先與中國方面合資設立了「東南汽車」。接著, 2000 年同一企業集團的裕隆汽車也赴中國投資,正式出資與中方共同成立了「風神汽車」。 有關日本汽車公司赴國外設廠之研究,以美國(安保, 1994 )' 亞洲( 板垣, 1997 ) 等為主之研究, 已為數不少。然而, 當台灣的子公司或日系企業至第三國﹒中國投資設廠時,可謂是男一類的「母一子公司關係」抑是「日本型生產系統」的二次移轉,此等事例尚無相關研究。 本研究藉由至大陸當地企業實際調查,以及對台灣總公司進行數次的訪談,釐清了透過台灣汽車公司將「日本型生產系統」移植至中國大陸,而由此二次移轉所發展出來的日﹒台﹒中混合生產体制。本研究並發現在對台灣總公司所帶來的影響方面,除了生產規模之擴大,龐大的利益以及技術研發人員的雇用增加之外,在中國汽車市場上,世界各大汽車廠商的激烈競爭下,同時也給總公司帶來了需更進一步提升技術及生產力的壓力。還有,台灣的大陸合資工廠的生產力雖已接近台灣母工廠之水準,但與「廣州本田」卻有著相當大的差距。 關於與日本的大陸合資工廠之生產力的差距,是否與台灣汽車公司依賴日本技術,或與其擁有的中等技術水準之限制有所關連,將作為下一個研究課題,加以考察。
"日台湾の自動車市場の市場規模は小さく、台湾自動車メーカーの中華汽車と裕隆汽車は中国進出が解禁された1995年代以降、より一層の成長と発展を求め、中国市場に進出してきた。まず中華汽車が1995年に中国側との合弁企業「東南汽車」を設立し、次いで裕隆汽車も2000年には「風神汽車」という合弁企業を設立し、中国進出を果たした。進出後、2社とも目覚ましい成長を遂げ、多額の利益を上げている。 日系自動車企業の海外への工場移転の研究は米国(安保、1994)、アジア(板垣、1997)を中心に数多くあるが、台湾の子会社または日系企業が第3国である中国-進出する、いわばもう一つの「親一子会社関係」または「日本型生産システム」の二次移転のような事例研究はまだない。 本稿は中国現地調査と数回にわたる台湾本社インタビューに基づき、台湾自動車企業によって「日本型生産システム」を中国-移転させ、この二次移転を通して作り上げられた日・台・中ハイブリッド生産体制を明らかにした。なお、台湾本社-のインパクトについては、生産規模の拡大や多大の利益の創出、技術系の雇用増加をもたらす半面、中国市場において世界大手メーカーによる撒烈な競争が展開されているなか、技術や生産性のより一層の向上というプレシヤーが本社にかかってくることや、台湾の中国合弁工場の生産性は台湾本社工場並みのレベルに達しているが、「広州本田」との開きが大きいこと等が明らかになった。 日本の合弁企業との生産性の差の原因については、台湾企業が日本の技術支援先に依存すること、又はその中間レベル技術の限界と関連性があるのかは、将来の研究課題として考察していきたい。"


    

本卷期目次
銘傳日本語教育 8期 (2005.10)
今昔物語集の副詞-「カク・思ハク」の用法-/ 谷光忠彥
否定文と係助詞「ハ」との共起関係-「排他的性格」を中心に-
主要名詞関係節の訳し方-内容補充節の日中翻訳・通訳を中心に-
日本アニメーション産業の歩みと国際展開について
自動車産業における日・台・中ハイブリッド生産体制-「東南汽車」と「風神汽車」に関する事例研究-
副詞的に働く「数量表現に関する誤用」を検証するアンケート調査とその考察/ 堀伸一郎
台湾人日本語学習者のモダリティ表現習得の-考察-初級文型の「だろう」「でしょう」を中心に-
日本語教育文法から見た無題文の「が」/ ??晶子
「新聞日本語」授業指導の試み-銘伝大学を例に-
日本語学科におけるビジネス日本語教育の一考察-アンケート調査を中心に-
MIJとMIT教科書についての分析研究-会話場面の比較を中心に-
台湾人日本語学習者における相づちの習得について一表現形式を中心に-/ 申屠子慧
大学における教養教育としてのアカデミック・ジャパニーズ-学習スキルの統合的習得を目指した内容重視の日本語教育の試み-/ 內海由美子
原因・理由をあらわす「コトデ」について/ 新居田純野
原因を表す「そのため(に)」の意味・用法
 
   
 
   

與TAO合作 | 隱私與版權聲明 | 聯絡方式 | 下載Adobe Reader
地址:台北市中正區(100)北平東路30-12號3樓
電話:(02)2393-6968 傳真:(02)2393-6877
Email: service@wordpedia.com
Wordpedia Family: 學校、企業版入口 | 遠流影音館
Copyright©2011 Wordpedia Co., Ltd. All Rights Reserved.