原名「台灣學術線上」
包含TAO期刊庫 + TAO書籍庫 + 論文 + 史料文獻
首頁 | 關於TAO | 瀏覽 | 進階查詢 | 參考工具 | 會員服務 | 已購專書 | RSS服務 | 電子報 | FAQ  
查詢範圍:
   
查詢模式:
熱門查詢詞:
dvd臺灣農村規劃的在地美臺灣獵鹿季節
   
   
   
     
   
 
項次 書目
1
題名:日本的経営論の比較研究-占部都美教授、間宏教授ならびに津田其澂教授の所説を中心に-     (36點)
日本式企業經營論之比較研究-以占部都美教授、間宏教授及津田真澂教授之理論?中心
著者:曾興?(Shin-Fa Tseng曾興發)
出版地區:台灣
出版城市:桃園縣
學科:語言 ; 教育
關鍵字:日本式企業經營 ; 全人之人性尊重主義的經營 ; 經營家族主義 ; 生活共同 ; 集團主義 ; 日本的経営 ; 全人的人間尊重主義的経営 ; 経営家族主義 ; 生活共同体 ; 集?主義 ; Japanese Business Management ; Management Should Respect All Human Being ; Principle of Management Familism ; Life Community ; Groupism
刊名:銘傳日本語教育
卷期:10期(2007.10)
頁碼:129-146
語言:日語
摘要: 中文摘要PDF ; 英文摘要PDF ; 日語摘要PDF

本論文就研究日本式企業將f弩之日本代表學持圓圓神戶大教授、早桶山大學之間宏教授、-橋大學之律問貞~.鼓教授等三位教授述、理論,集中焦點於H本式企業經營之基本編成原理,探討0,卒;經營之基本編成原理為何?並就三校教授之論述、理論進行比較研究 ~古巴教授主張以「全人之人性尊重主義的經營」之概念為H木式經營之基本原理,亦說明、主張所有之經何制度皆為時史性的產物,企業經營亦不例外,同時具有曆史的連續性及歷史的非注績性存在。 探求H本式企業經營之源流在於家業之間宏教授主張,戰前之式氣It:業經營為「經管家族主義」、戰後貝Ij :為由「經營家族編成之「經營褔iii止主義I 0 津凶教授則提出其研究日本式企業經營論之肢重要之概念為「活體J '同時強調說明日本式企業經營為戰役之犀物。 本論文提山有關研究日本式企業經營論之三位教控之論述、不管是用共同懦、經營家族主義、共同去i三活體、其特徵乃為集關主義亦或是集志向性,此間l見解是互為一致的。總結三位教授探求日本式企業經營論本質為「集[要l主義」或是「集闢思考tt: J 是極為明確的。換言之, 聶用|這體、經營家族主義、共同活體等教授之論說之根底為「集團干,我i「罔思考性J 0
s article introduces three Japanese scholars Kuniyoshi Urabe ssor of Kobe University, Hiroshi Hazama professor of Waseda University, i Tsuda professor of Hitotsubashi University, and each with a different have clarified these basic management philosophy and iples, compared the principles of Japanese business management. Professor Urabe asserts that "management should respect all human " and this idea forms the core theme Japanese business management, and management system is still a product of its history, and it IS imperative Japanese business management respects it's history and a continuity ut any departure.Prewar management was "management familism,"and Hazama's discovered that the source of Japanese business comes from the reorganized "principle of management ism,"and managing employee welfare" after the war. The most important e p t of Japanese business management theory of Professor Tsuda is that of ommunity" which emphasizes that Japanese business management is a ar product. These three professors' theories which were all concerned with Japanese ness management highlighted and clarified the importance of the group ntation and that the essence of the Japanese management theory relates to upism" or "Groupthinking" though all of these theories were similar. up ism" or "Groupthinking" lies at the undercurrent for all the theories of se professors who strongly advocated the community, the management ily principle, and the symbiosis of the employment relationship.
"本論文においては、日本的経営論を研究し続いている日本の代表学者一神戸大学の占部都美教授、早稲田大学の間宏教授、一橋大学田真激教授などの三人の所説を取り上げて、日本的経営の基本的な原理に焦点をあて、その基本的な編成原理とは何かを明らかにすると護に、三人教授の所説に就いても比較研究して、考察してきたo 占部教授は日本的経営の基本原理として、「全人的人間尊重主義的Ii営」という概念を主張しているし、尚、あらゆる経営制度は歴史的産年であり、日本的経営もその例外ではなく、それは歴史的連続性と共に歴史的非連続性を持つものであると主張している。 日本的経営の源流を家業に求める間宏教授は戦前の経営は「経営Ji族主義」であり、戦後は「経営家族主義」の再編成された「経営福祉三義」であるととらえている。 津田教授の日本的経営論の最も重要な概念は「共同生活体」であり日本的経営は戦後の産物であると強調しているO 日本的経営に関する三人の教授の所説を取り上げて、その雇用の共口体にしても、経営家族主義にしても、共同生活体にしても、その特徴7集団主義あるいは集団志向性にある点では共に一致しているが、結論Eに言えば、三人の教授は日本的経営論の本質を「集団主義」或いは「4団思考性」に求めていることが明らかになったo 即ち、雇用の共同体経営家族主義、共同生活体などと言う教授らの所説の根底には「集団≡義」或いは「集団思考性」が横たわっているのである。"


    

本卷期目次
銘傳日本語教育 10期 (2007.10)
關於臺灣日語學習者的學習型態之調查硏究-以問卷調査及討論形式為主
針對以中文為母語的學習者實施的漢語字音指導-就學習策略的觀點而言
日本における文字文化の形成
初級日語聽力測驗之初探-以第二外語習得為硏究案例
建構台灣日語學習者語言資料庫-以LARP at SCU為例
製作戲劇之試驗-以“日本戲劇”課程為例
語りの協働構築とことば行為
日韓“拒絕”方略之硏究 對應談話對象之單位方略的選擇、配置及實現型態
接近老師的“我”與活躍在社會上的哥哥-夏目漱石“心”一書中所描寫的兄弟
從語意結構和類型轉換看“恥ずかしい”的多義性
日本式企業經營論之比較硏究-以占部都美教授、間宏教授及津田真澂教授之理論為中心
培養良好溝通技巧的初級日語會話教育-從提昇談話內容的豐富性開始
語りの協働構築とことば行為/ 西口光一
先生に接近する「私」と世間で活躍する兄-夏目漱石『心』に描かれた兄弟-/ 德永光展
日本的経営論の比較研究-占部都美教授、間宏教授ならびに津田其澂教授の所説を中心に-/ 曾興?
日本における文字文化の形成/ 神野志隆光
学習者言語のコーパスの構築に向けて-LARP at SCUを例として-
台湾人日本語学習者の学習スタイル調査研究-質問紙による調査と討論形式の調査をもとにして-/ 荒井智子
中国語を母語とする学習者に対する漢語字音の指導-学習ストラテジーの観点から-
劇づくりの一試み-「日本語劇」という授業を例に-/ 平野由美子
「恥ずかしい」の多義性-意味構造と類型変換を中心に-/ ?錦雀
日·韓「断り」ストラテジーの一考察:対話相手に応じた単位方略の選択·配列と実現形態
初級段階におけるコミュニケーション重視の会話教育-談話内容の豊富性の導入から-
初級日本語におけるヒヤリングテストの一考察-第二外国語習得の事例研究-
 
   
 
   

與TAO合作 | 隱私與版權聲明 | 聯絡方式 | 下載Adobe Reader
地址:台北市中正區(100)北平東路30-12號3樓
電話:(02)2393-6968 傳真:(02)2393-6877
Email: service@wordpedia.com
Wordpedia Family: 學校、企業版入口 | 遠流影音館
Copyright©2011 Wordpedia Co., Ltd. All Rights Reserved.