原名「台灣學術線上」
包含TAO期刊庫 + TAO書籍庫 + 論文 + 史料文獻
首頁 | 關於TAO | 瀏覽 | 進階查詢 | 參考工具 | 會員服務 | 已購專書 | RSS服務 | 電子報 | FAQ  
查詢範圍:
   
查詢模式:
熱門查詢詞:
dvdDiy扣件原住民教育困境OTA
   
   
   
     
   
 
項次 書目
1
題名:中上級聴解クラス学習者における聴解ストラテジーの使用変化     (48點)
高階聽力課程前後學習者之聽力策略使用變化
出版地區:台灣
出版城市:桃園縣
學科:語言 ; 教育
關鍵字:語言學習策略 ; 聽力學習策略 ; 策略使用 ; 学習ストラテジー ; 聴解ストラテジー ; ストラテジー使用 ; language learning strategies ; listening comprehension strategies ; strategies use
刊名:銘傳日本語教育
卷期:12期(2009.10)
頁碼:153-176
語言:日語
摘要: 中文摘要PDF ; 英文摘要PDF ; 日語摘要PDF

點解能力為學習語言II在之且本技能之‘ O而在聽、說、寫[J日技能1-[ 1 ,筆者觀察到聽)J似乎最讓學之I :.不知如何卡,功夫學習,以致較難獲得良好的學習成效。聽力不像閱讀有文字停軒,可依學習有調繫閱讀理解之速度,因此聽力困難的關囚之‘即為說話者成聽解內容之速度。聽)J亦不像寫作,可只起!I:J 自己已會的東問做表達,早在必須訓練自U 同時接收可理解或尚無法1世解之內容進行練習, 而不感覺害怕或厭倦, 不放棄持續大的練習才能獲符成效。好的語言學習者多半具備主動學習良好習慣,並經山過往的學習經驗習得有效的學習策略。本研究之目的,第一是在於檢驗經歷過一黑學期課程內容設計開宮之尚階聽)J課程訓練後,雖未在111策略之直接教學的狀況卡,學習者之策略連山狀況是百能依課程之設計而能有所變化及顯提升。第二是檢驗在提升策略運用之i斗時,是否也能夠達到聽解能力提升之成效。 研究結果顯示,雖然未導入聽力策略頃日之巨接教學, {I],經1 11一迫中設計編排之教學活動過和中,早已f:,可以經1 11教師提供之聽)J練習課題,提升聽力學習策略之運用,並進而提學習成效。六大類策略使用變化之注與而,上f ,G于1 其fj 策略使片]變化最大的皆為A類之記憶策略,使山變化最小的貝Jj I:. 早期為E額之情意策略, t" 啥時] j毒F 類之社會策略。策略頃H 使用變化之差異)J而最大的f學期皆為頃日1 I 有iii且聽教材| 待會將單字記卡,在過後記住。I 0 從f ~ 述結果可觀察到課程內容與策略使用變化之相關性,提供往後策因為教學之參考。
Among the four basic language learning skills, Listening i the hardest one for students. They do not know how to start tesu in poor study achievement. Purposes of this research inclu (I )To examine after one semester well designed curriculum advanced listening course if student shows noticeab improvement of ability-to-change developed when applyin learning strategies. (2)To examine if it can help to boost t learning effect of listening comprehension while the ability utilizing strategies improved. Result of this research indicates that students' ability utilizing learning strategies can be improved through listenin practice exercises offered during the designed teachin activities. For the result of 6 strategy categories utilization Memory strategy of category A shows max. change in bot semester while the least change for Affective strategy 0 category E in I s t semester and the Social strategy of category in 2 n d semester. For strategy tactics execution, the item #I--Not down vocabularies while watching audiovisual teaching material Then memorize them after look up. Based on above results, we can conclude that there is relationship between curriculu contents and change of learning strategy use. This fact provides good reference for future Learning Strategy course teaching.
"「聴解の能力があまり良くない、でも練習してもなかなか成果が上がらない」といった意識から、積極的に練習しないといった状況が、台湾で日本語を勉強する学生に少なからず見受けられようo また、学習者がr聴解は難しい」というイメレジを持つ理由はいくつか考えられる。まず、聴解練習のコンテンツやそのスピー- ドは話し手や教材により決定され、すべての学習者に適しているとは限らない。また、会話の慶出や作文のように、自分の理解している言葉で表現するのではなく、提示された発話内容を受けて理解するのが主な練習内容であり、理解できることとできないことを同時に処理することが要求される。本研究は、1年間にわたり中上級聴解クラスを履修して-連の聴解訓練課題をこなした学習者らの、直接ストラテジー- を教示されていない状況におけるストラテジーの使用変化と聴解能力の向上について調査を行った。 その結果、履修者の聴解ストラテジーの使用面においても、学習効果の面においても良い変化が得られたO ストラテジーの変化が顕著なのは、まず、分類別では第1、2学期ともA類「記憶ストラテジー」であるO また、項目別では、本研究で提示する38 項目のうちの▲つである項目i iー視聴教材を見ながら単語をメモし、調べた後で覚える」である。これらの結果から、ストラテジーの使用は授業内容および訓練方法と深い関わりのあることが示唆される。"


    

本卷期目次
銘傳日本語教育 12期 (2009.10)
會話課程中文法習得程度的檢視
夏目漱石“行人”論-試談如何接近“他者”
考察日語終助詞性差表達的動態変化―以日本小説會話中句尾的終助詞為中心
和語跟漢語之連語關係與其分佈區隔-以取得表現爲例
關於日語複合動詞“-慣れる”和“-飽きる”的V1+V2結合的特徴
台灣中高級日語學習者所寫的日文請託信之特徵與問題點-以本文的組織結構與請託用字遣詞爲研究主題
日語尾括型意見文的文章構造-以天聲人語爲中心
複合動詞「一慣れる」と「一飽きる」のV1+V2結合について/ 杉村泰
夏目漱石『行人』論-身近にいる「他者」へのアプローチ-
会話の授業における文法定着確認の試み/ 佐野誠
中上級聴解クラス学習者における聴解ストラテジーの使用変化
高階聽力課程前後學習者之聽力策略使用變化/ 吳如惠
日本語終助詞による性差表現の意味的变化に対する考察-小說における会話文末の終助詞を中心に-
和語と漢語のコロケーションとその棲みわけについて-取得表現を例として-/ 河村靜江
台湾人中上級学習者の依頼の手紙の特徴と問題点の分析-主文の構成と依頼表現を中心に-/ 本間美穗
日本語?尾括型意見文?文章構造-天?人語?中心?-
 
   
 
   

與TAO合作 | 隱私與版權聲明 | 聯絡方式 | 下載Adobe Reader
地址:台北市中正區(100)北平東路30-12號3樓
電話:(02)2393-6968 傳真:(02)2393-6877
Email: service@wordpedia.com
Wordpedia Family: 學校、企業版入口 | 遠流影音館
Copyright©2011 Wordpedia Co., Ltd. All Rights Reserved.