原名「台灣學術線上」
包含TAO期刊庫 + TAO書籍庫 + 論文 + 史料文獻
首頁 | 關於TAO | 瀏覽 | 進階查詢 | 參考工具 | 會員服務 | 已購專書 | RSS服務 | 電子報 | FAQ  
查詢範圍:
   
查詢模式:
熱門查詢詞:
   
   
   
     
   
 
項次 書目
1
題名:論説文における中点の用法と問題点     (46點)
論說文的「中點」用法及問題點
出版地區:台灣
出版城市:桃園縣
學科:語言 ; 教育
關鍵字:分割力 ; 結合力 ; 同質性 ; 異質性 ; くぎる力 ; つなぐ力 ; 同質的 ; 異質的 ; unconnected power ; connected power ; sameness ; difference
刊名:銘傳日本語教育
卷期:9期(2006.10)
頁碼:23-45
語言:日語
摘要: 中文摘要PDF ; 英文摘要PDF ; 日語摘要PDF

本論文之自的在於,透過調查句逗點中的「中點」在論說文中的實際使用情形,來了解其用法及問題點。 句逗點之研究常被視為文體的一部分,但其研究多集中在句點和逗點,r中點」很少被提出討論。r(句逗法)(案)J等先行研究少量的描述中,也多屬於規範性的敘述,並無實際謂查的研究。本研究針對2000年朝臼新聞的「論瑋」做調查,得知「中點」使用的實際情形及問題點如下。 a.名稱及表記芳式不一致。 b.使用率不低。 C.可分為2種8類的用法o d.兼其「分割力J跟「結合力」。 e.r並于UJ的用法跟「逗點」相同,但「結合力J則只存在於「中點J。 f.某些用例意思曖昧不明。 調查結果得知,r中點」實際使用情形與r(句逗法)(案川的提案及先行研究的敘述有很大的落差o這個現象提醒我們有必要忠實地記錄「中點」的使用情形。
Goal of this paper lies in understanding the usage and the question of middle point and its actual usage. Research on the punctuation is often regarded as a part in writing. However, its research concentrates on the period and the comma. Middle point is scarcely proposed and we can find few descriptions on it. This research focuses on the investigations of RONDAN (a forum from Asahi News) in 2000. The actual situation and question are as follows. a. Name and inscription are not standardized. b. Use frequency is not low under any condition. c. 2 kinds and 8 types in usage could be observed. d. With the power connected and unconnected. e. There is a common usage in parallel which is the same as comma, but the connected power lies in middle point only. f. Ambiguous usage. The result goes that the actual condition is being widely different from the preceding research. This has suggested the necessity of the research which describes the usage of actual condition of middle point.
"本稿は、句読点の1つとしての中点の、論説文における使用実態を調べることで、その用法と問題点を明らかにすることを目的とする。 句読点研究は文体として注目されてきたが、その焦点は句点と読点(点)に当てられ、中点が話題にのぼることは少ない。「〔句読法〕(秦)」に始まる先行研究に見られる僅かな記述を見ても、規範的概念が強く、実際の使用状況を調べたものではない。本研究では、2000年朝日新聞の「論壇」を調べた結果、以下のように中点の用法とその問題点がわかった。 a.名称と表記は統一されていない b.使用頻度は決して低くはない C.2種8類の用法が観察された d. 「くざる力」と「つなぐ力」を持ち備える e.「並列」において点との共通点があるが、「つなぐ力」は中点にあって点にはないという相違点も認められる f,あいまいな用例も存在する 中点の使用状況を調べた結果、その実態が「〔句読法〕(秦)」の提案や先行研究の記述とは随分かけ離れていることが判明した。このことは、中点の使用実態を記述する研究の必要性も示唆している。"


    

本卷期目次
銘傳日本語教育 9期 (2006.10)
日本語教育における文学・文化の授業/ 水島裕雅
日本語教育における文学•文化の授業
日語的拒絕表達之考察-從日台異文化交流觀之-/ 關口剛司
日本語による断り表現の一考察-日台異文化間コミュニケーションの視点から-/ 關口剛司
教室活動としての日本語によるホームページ作成の試み-発信型の日本語教育を目指した授業実践-
試論以日語網頁實作學習作為教室活動-以學習者自主性學習為目標之日語教學調查報告-/ 劉百齡
使用“NHK新聞特別報導”進行聽解能力之訓練-以應用日語學系4年級學生為對象-/ 吳如惠
生教材「NHKニュース特報」による聴解力養成の試み-日本語学科4年生を対象に-
論説文における中点の用法と問題点
論說文的“中點”用法及問題點/ 王世和
關於臺灣人日語學習者後置助詞"mo"之習得情況-透過與日語母語者的比較來看-/ 李宗禾
台湾人日本語学習者におけるとりたて詞「も」の習得-日本語母語話者との比較を通して-
附屬句中的"tai/tagaru"的人稱現象-以日文學習者的誤用情況為例-/ 蔣千苓
従属節における「たい/たがる」の人称現象について-日本語学習者の誤用をめぐって
日本と台湾における贈与と返礼の比較研究
日本と台湾における贈与と返礼の比較研究/ 尤銘煌
自動車産業における日•台•中リンケージの形成とその検証
汽車產業之日•台•中連結之形成與檢驗/ 黎立仁
 
   
 
   

與TAO合作 | 隱私與版權聲明 | 聯絡方式 | 下載Adobe Reader
地址:台北市中正區(100)北平東路30-12號3樓
電話:(02)2393-6968 傳真:(02)2393-6877
Email: service@wordpedia.com
Wordpedia Family: 學校、企業版入口 | 遠流影音館
Copyright©2011 Wordpedia Co., Ltd. All Rights Reserved.